So-net無料ブログ作成

自転車レーンとバイクの関係

自転車のルールに注目が集まっていますが、道路交通法改正が施行され いろいろと迷っている方も多いと思います。



0oi98.jpg
掲載元 www2.kaiyodai.ac.jp/~hyodo/London.html



そこで自転車レーンとバイクの走行の問題も最近クローズアップされていますね。

基本的に車道と歩道が分かれている道では、自転車は左側を走らないと摘発される恐れがあります。

自転車レーンがある道路では、歩道ではなく自転車レーンが示すように車道を走行
しないといけません。これも守らなと摘発される可能性があります。

ところでこの場合、自転車レーンが示している車道を走行している時に原付きバイクなどと同じ場所を走ることになります。



yu786.jpg
掲載元 cyclist.sanspo.com/46696


と言うのは、原付きバイクは車の流れに乗って走行してはいけないことになっているのでどうしても道路わきを走行することになります。

自転車レーンが示してある車道を走行している自転車は、バイクが邪魔に思うかも知れませんが、これは仕方がないことなのです。

もし、道路が車で渋滞している場合は、原付きバイクは車の真後ろでトロトロと走行しても良いのですが、車が順調に流れている場合は、路肩を走行することになります。

この時、原付きバイクが車の流れにのって走行したら、(原付きバイクは時速30キロまででしか走行できません)道路交通法違反になってしまいます。減点の罰金です。



iu8n.jpg
掲載元 www.bikebros.co.jp/vb/fifty/fimpre/fimpre-20121107/



ですので、自転車レーンが示してある車道を走行している自転車と接触しないようにお互い気を付けなければなりません。だいたい原付きバイクが追い抜いて行く形に

なると思いますが、その時は慌てずにゆらゆらしていると危険ですので、進行方向に
対して真っ直ぐに走行するようにしましょう。

以上がバイクが路肩を走る理由でした。


スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。