So-net無料ブログ作成
検索選択
行楽地 ブログトップ

シャチが見れる水族館は日本で2か所。こちら!

25日頃から東京湾の千葉県富津市の金谷沖およそ6キロでシャチの群れが珍しく、餌を探している間に現れたようですね。


shachi123.jpg

hqdefault.jpg

掲載元 www.youtube.com/watch?v=Hmn0_lrv-ao

体長10メートルくらいある親シャチと子連れで2、3頭いたようです。小さいといっても3メートルくらいらしいですね。

海のキャングと言われるシャチですが、知能も高く社会性もあるようです。


お調べしました。

日本でシャチが見れる水族館は2つあります。

以前は3か所だったようですが、和歌山県東牟婁郡太地町の太地町立くじらの博物館に2010年6月まではシャチが居ましたが、その後名古屋港水族館に移されたようです。

名古屋港水族館の見どころは、シャチのトレーニングの様子をご覧いただけます。

shachi234.jpg

北館2・3Fシャチプール前 約10分間公開トレーニングは大人気。

北館3Fではシャチの大ジャンプが観られます。

chachi4567.jpg

瞬間水面が盛り上がってそこから黒い大きな巨体のシャチが飛び出します。そして水面へ入る時の大きな音と水しぶきのスケールの大きさが「海のキャング」シャチの見どころです。

飼育係の解説つきで大迫力のジャンプがすごいらしいです。まじかで見たいですね。


シャチ公開トレーニングはこんな感じです。

掲載元 www.youtube.com/watch?v=SZyk4Z9Lb5k


2013年5月 名古屋港水族館の日本一大きなシャチ「ビンゴ」が亡くなりました。
残念ですが「ビンゴ、今まで楽しませてくれてありがとう」。

今はビンゴの子供達と妻がいます。


館内2Fの水中観察窓では力強い迫力の泳ぎがご覧になれます。

chae453.jpg

北館2Fでシャチの野性味あふれる遊泳が、まるで水中で見ているかのように間近で見られます。 シャチもこちらを興味津々と見つめるそうですよ。面白そうですね。

おもわず、のけぞっちゃうかもですね。


お食事は2か所で可能です。

熱帯魚を見ながら食事ができる「アリバダ」
net234.jpg

メニュー例
ari45.jpg

ウミガメ回遊水槽を見下ろしながら食事ができる「トータス」
umigame456.jpg

メニュー例
keishoku.jpg





名古屋港水族館の入館料は以下です。

suizku345.jpg




名古屋港水族館

20141209205259876.jpg

掲載元 www.nagoyaaqua.jp/etc/2014120920525956.html


〒455-0033 名古屋市港区港町1番3号 
TEL 052-654-7808
通常 9:30~17:30



次に日本でシャチが見れる水族館は、関東圏の千葉です。そう関東では有名な鴨川シーワールドです。

shachiuyt.jpg

鴨川シーワールドでは、シャチパフォーマンスが観られます。

shachidayo123.jpg

雄大な太平洋をバックにシャチのスーパーアトラクションが繰り広げられます。

shachidesuyo78.jpg

海の王者ですが性格はやさしいのが実はシャチ。トレーナーとのふれあう姿が観られますそして大ジャンプが圧巻です。

shachino234.jpg

見どころは、もちろんシャチですが、ゴマフアザラシの赤ちゃんが2015年2月24日誕生しメスの赤ちゃんが公開開始されていて人工哺育中だそうです。

掲載元 www.kamogawa-seaworld.jp/aquarium/program/orca.html


こちらは豪華に食べたい時におすすめです。日本で唯一シャチを観ながら食事ができます。
resuto345.jpg

メニュー例
resu345.jpg

リーズナブルにすませたい方はこちら
resuto678.jpg

メニュー例
resutorizu342.jpg

どちらも食材にこだわった食事が楽しめます。

ドライブ旅行観て聴いて楽しい「enjoy music」
↑ ↑ ↑
クリック
enjoy music.JPG


入園料
kkmogawa123.JPG


掲載元 www.kamogawa-seaworld.jp/facilities/

〒296-0041 千葉県鴨川市東町1464-18 
TEL 04-7093-4803
通常 9:00~17:00

以上、シャチが見れる水族館は日本でこの2か所だけです。
一度は行きたいですね。

関連記事

野生の全身が白いシャチがなんと、いるのです!珍しい!画像もご紹介

江ノ島水族館でランチなら館内の「湘南カフェ」がおススメです!子連れでも大丈夫です

葛西臨海水族園の駐車場はこちら

葛西臨海水族園の駐車場は、葛西臨海公園駐車場を利用するのがもっとも便利だと思われます。

ちょっと歩きますが、収容台数が2700台とこの近辺で
最大級です。

混雑が予想される日に葛西臨海水族園で楽しみたいと思われている場合はおすすめです。

料金も普通車最初の60分まで60分→ 200円、以降30分→100円。

営業時間も24時間営業なので、葛西臨海水族園だけでなく海を散歩したい、バーベキューもしたいなど近くで遊ばれる時は、駐車場の時間の心配がいりません。

近くには確かにコインパーキングがありますが、こちらは葛西臨海水族園が空いている平日などに利用すると良いでしょう。

水族園だけに夏に近ずく程、混雑してきますのでお出かけの際は注意が必要です。

葛西臨海水族園の駐車場おすすめ、葛西臨海公園駐車場の車高2.5メートル以上の料金は、最初の120分まで120分→ 1500円、以降30分→ 500円です。

他にうれしいことに障害者用スペースあり18台あり、身障者割引→全額免除です。

低公害車割引は1時間無料の充実ぶりです。

車両制限→3NO車,RV車,1BOX車駐車可となっています。

そしてトイレ有りで平地自走となります。障害者用トイレも有りますよ。

支払方法はクレジットカード不可ですので現金で千円札を準備して下さい。

葛西臨海水族園の駐車場は収容台数が2700台のここなら安心ですね。

電話番号 03-3877-0725
所在地 東京都江戸川区臨海町6丁目(地図参照)
定休日 無休

map2.gif
掲載元地図 park.tachikawaonline.jp/park/4_kasai_rinkai.htm



車か電車か迷われている方は、こちらをご参考に。


trains_metros.gif
掲載元電車マップ tokyo-zoo.net/zoo/kasai/directions.html


「東京都葛西臨海水族園」
b0193308_1463096.jpg


掲載元 matome.naver.jp/odai/2143086686836795501/2143088839357247303

「東京都葛西臨海水族園」
所在地 東京都江戸川区臨海町6丁目2-3
営業時間 9:30~16:00(閉館17:00)
休み 水曜日(祝日、10月1日の都民の日の場合は翌日休、年末年始休)
お問合せ 03-3869-5152 東京都葛西臨海水族園

地図



以上が葛西臨海水族園の駐車場のおすすめです。

関連記事

江ノ島水族館でランチなら館内の「湘南カフェ」がおススメです!子連れでも大丈夫です

(2015年5月現在)

葛西臨海水族園のクロマグロの現在!

葛西臨海水族園クロマグロが大量死してから数か月たちますが、現在は1匹です。

葛西臨海水族園は水槽の安全を確認中とのことで、2015年6月中旬には、またクロマグロの群れが楽しめそうです。

9b74265173a7a544db41ae1acc946d64.jpg


掲載元 www.blog.goo.ne.jp/unpacar/e/cde785df8366f1ad76ea0de5a1a39d2a


現在のところ、展示水槽に試験的にサメなどを泳がせています。

具体的には3月末頃にアカシュモクザメ2尾を泳がせて水槽内の環境の安定を確認しました。
特に異常はなかったようですので、次に4月上旬にタカサゴなど500尾位を泳がせたようです。

そして現在まで飼育環境に問題はありません。

そしてクロマグロを再び飼育するための準備段階に現在、葛西臨海水族園は入っています。

その準備段階として選ばれたのが、ハガツオとスマのようです。

22922_02.jpg
ハガツオ


22922_03.jpg
スマ

掲載元 www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=kasai&link_num=22922


ハガツオは30匹位現在、展示水槽で見ることができます。

スマは2015年5月22日にこちらも30匹近く飼育されます。
これで問題なければいよいよクロマグロの群れを見物することが できます。

実際の海中を再現したかのようなクロマグロの群れを早く見たいですね。

その予定が2015年6月の中旬ですのでもうすぐです。水槽内の環境が安全に保たれることを祈るばかりですね。

ちょっと聞きなれないですがハガツオは、スズキ目サバ科で世界中の温帯から熱帯域に生息しマグロ類などと一緒に群れをつくることもあるそうです。

一方、スマもスズキ目サバ科で、こちらはインド洋や太平洋の同じく温帯から熱帯域に生息している魚だそうです。


葛西臨海水族園の目玉のクロマグロ復活、間近です!


22922_01 (1).jpg
現在の様子

掲載元 www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=kasai&link_num=22922


以上が葛西臨海水族園のクロマグロの現在でした。


(2015年5月16日記載)

葛西臨海水族園のお盆の混雑状況!

夏は海のシーズンですので、関連性のある水族館は1年で一番混雑します。

134917640728413100843_20120922_330_D3.jpg
画像掲載元 8948.at.webry.info/201210/article_2.html

ここ葛西臨海水族園もお盆は1番混雑する時期になります。

どのくらい葛西臨海水族園が混雑するかと言うと通勤ラッシュ並ほどではありません。

冷房もありますし、満員電車ほどの混雑ではありませんので、魚がぜんぜん見られないという心配はいりません。

ただ、水槽前まで行くには時間がかかりそうです。お子様連れの場合はちょと苦労しそうですね。

迷子になる可能性もあるので手を離さないなど工夫をしてみて下さい。


お盆の8月13~15日あたりは混雑のピークでしょう。

見学するのにちょっと根気が入りますね。

また葛西臨海水族園に混雑覚悟でお盆に行く方は、なるべく車はさけ、電車で行った方が 良いようです。

過去には葛西臨海水族園で混雑するお盆に営業時間を延長したことがありますので、今年も延長の可能性があります。

延長されれば時間をかければすべて見て回れるかもしれませんね。

ランチなどの食事は、レストラン「シーウインド」では11時ごろの早めにするか、午後3時の遅めだと比較的空いているようです。お昼の時間帯は避けましょう。

640x640_rect_6752473.jpg

どうしてもお昼にしたい場合は、お弁当持参が賢明です。



お盆の葛西臨海水族園は混雑覚悟で行きましょう。

画像掲載元 www.tabelog.com/tokyo/A1313/A131305/13026146/dtlrvwlst/





行楽地 ブログトップ