So-net無料ブログ作成
検索選択

公職選挙法改正で18歳選挙権が成立!投票はいつから?

選挙権の年齢引き下げが、70年ぶりに行われ18歳から投票ができる法案が平成27年6月17日、全会一致で可決されました。



sennkyo87.jpg
掲載元 irorio.jp/canal/20121214/40052/


公職選挙法の改正法は約1週間ほどで公布される見通しで、1年後の施行されます。


ということは、来年の参議院選挙から18歳、19歳の投票ができることになります。


ここで面白いデーターがあります。

TOKYO FMの10代向け番組「SCHOOL OF LOCK!」のアンケートによると、「キミに選挙権があったら選挙に行く?」という問いに、77%が「YES」と回答しています。

頼もしい限りですね。


その中で「平成は首相が変わり過ぎて試験が大変!」と言う若者の意見もありました。


ただ、参議院選挙は「任期満了の前30日以内」に投票とされているためタイミング的には来年の参議院選挙には間に合わない可能性もあります。

恐らく18歳、19歳が投票できるよう投票日を調整してくるとも考えられますね。

公職選挙法改正で18歳選挙権が成立したことで、新たに約240万人の有権者が増えることとなり、当選のハードルが高くなったと言えると思います。


そして18歳選挙権が成立したことで選挙を通じて若者の意見を政治に反映させる狙いもあります


18歳選挙権が成立で国益が増す結果となることを期待したいですね。


世界的にはすでに170カ国が18歳から選挙権があり、世界の趨勢にのる形となりました。


170カ国の中ではオーストリアやブラジルが16歳から選挙権があり、政治に反映されています。


ある意味遅かったかも知れないですね。これだけの国が導入しているので18歳選挙権が成立が有益なことを物語っているように感じます。


ここで過去の参議院選挙の投票率を見てみたいと思います。


touhyouno255.jpg


平成21年からガクッと投票率が下がっているのが分かります。

公職選挙法改正で18歳選挙権が成立したことで少しでも投票率が
上がるといいですね。



そしてこれから学校教育を通じて主権者教育の実施も検討段階に入りました。投票率を上げるためにも意識向上にしっかりと取り組んで頂きたいと思います。


そして公職選挙法改正で18歳選挙権が成立したことで、選挙運動も可能になりますので違反者を出さないことも新たな課題です。



改正公職選挙法


・衆院選、参院選、地方選の選挙権年齢などを「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げ

・公布から1年後に施行

・18歳以上の未成年者が連座制の対象になる重大な選挙違反を犯し、選挙の公正確保に重大な支障を及ぼす場合は原則として検察官送致(逆送)




連座制(れんざせい)とは、候補者の関係者が選挙違反(選挙犯罪)をしたことを理由として、選挙違反に直接関与していない候補者について、当選無効等の不利益を与える制度のことで18歳、19歳でも検察官送致されることになります。


連座制の対象になるのは、選挙の総括責任者、出納責任者、地域主催者、候補者の親族、秘書、などで、例えば、秘書や親族が選挙法違反で有罪となった場合

「禁固以上の刑(執行猶予を含む)」が確定すると、


候補者に連座制が適用され,候補者の関係者が選挙違反(選挙犯罪)をしたことを理由として、選挙違反に直接関与していない候補者について、当選無効となります。

またそれに付随して向こう5年間、当該選挙区からの立候補が禁止となります。

18歳、19歳の連座制の対象は注意ですね。


今回の18歳選挙権で、国益につながる新たな政治の展開に期待したいと思います。


参考文献 ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%BA%A7%E5%88%B6
     www.weblio.jp/content/%E9%80%A3%E5%BA%A7%E5%88%B6

自転車レーンとバイクの関係

自転車のルールに注目が集まっていますが、道路交通法改正が施行され いろいろと迷っている方も多いと思います。



0oi98.jpg
掲載元 www2.kaiyodai.ac.jp/~hyodo/London.html



そこで自転車レーンとバイクの走行の問題も最近クローズアップされていますね。

基本的に車道と歩道が分かれている道では、自転車は左側を走らないと摘発される恐れがあります。

自転車レーンがある道路では、歩道ではなく自転車レーンが示すように車道を走行
しないといけません。これも守らなと摘発される可能性があります。

ところでこの場合、自転車レーンが示している車道を走行している時に原付きバイクなどと同じ場所を走ることになります。



yu786.jpg
掲載元 cyclist.sanspo.com/46696


と言うのは、原付きバイクは車の流れに乗って走行してはいけないことになっているのでどうしても道路わきを走行することになります。

自転車レーンが示してある車道を走行している自転車は、バイクが邪魔に思うかも知れませんが、これは仕方がないことなのです。

もし、道路が車で渋滞している場合は、原付きバイクは車の真後ろでトロトロと走行しても良いのですが、車が順調に流れている場合は、路肩を走行することになります。

この時、原付きバイクが車の流れにのって走行したら、(原付きバイクは時速30キロまででしか走行できません)道路交通法違反になってしまいます。減点の罰金です。



iu8n.jpg
掲載元 www.bikebros.co.jp/vb/fifty/fimpre/fimpre-20121107/



ですので、自転車レーンが示してある車道を走行している自転車と接触しないようにお互い気を付けなければなりません。だいたい原付きバイクが追い抜いて行く形に

なると思いますが、その時は慌てずにゆらゆらしていると危険ですので、進行方向に
対して真っ直ぐに走行するようにしましょう。

以上がバイクが路肩を走る理由でした。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

平成27年(2015)6月1日施行の道路交通法改正で自転車の傘さしもダメに!

今日から平成27年6月1日から道路交通法改正が施行されましたね。

自転車の傘さし運転も口頭注意でなくダメになりました。

9876tr.JPG


14歳以上からの罰則適応なので中学生でも取り締まりの対象となります。


ところで、傘さしホルダー(商品名「さすべえ」など)はいったいどうなのかと思い調べてみましたところ、自転車に突起物が付いているとダメだそうです。

ということは傘さしホルダー(商品名「さすべえ」など)もアウトですね。

それに付随することとして自転車を運転しているときに幅がプラス0.3メートル
以上あってもダメとのことです。


傘自体広げるとだいたい60センチ以上ありますから、傘さしホルダー(商品名「さすべえ」など)でもダメという解釈になりますね。


警視庁・広報担当

「東京都道路交通規則第10条で、自転車の積載物の長さは積載装置プラス0.3メートル、幅もプラス0.3メートルまでとされています。したがって、傘の固定はダメということになります」

と言うことは、雨の日はカッパを着ましょうと言うことになります。


雨でも浸みてこない雨ガッパを用意しないといけませんね。


私は原付バイクを乗りますが、夏は暑いですがカッパの2枚重ねも雨がしみてこない
のでおすすめです。

特に登山用のカッパがいいですね。


ポンチョも脱着しやすくて、小雨の時は重宝しますよ。

でも、本当に自転車の傘さし運転は危ないです。事故も多いです。


最近はこんなのもあります。自転車の傘さしにはあたりませんが、強い風に弱い?
juy15698.jpg

掲載元 www.coropokkuru.jp/original20.html



ここで簡単に平成27年(2015) 道路交通法改正のポイントをおさらいしたいと思います


14歳以上の自転車運転者に3年以内に2回以上の14項目の危険行為で摘発された場合、運転免許センターや警察本部などでの安全講習の受講が義務づけられました。

3か月たっても受講しない場合は5万円以下の罰金となります。


受講金額は5、700円で3時間講習を受けます。



平成27年(2015) 道路交通法改正の自転車の危険行為14項目は


1、信号無視(道交法第7条)

2、通行禁止違反(道交法第8条1項)

3、歩行者専用道での通行義務違反(道交法第9条)

4、通行区分違反(道交法第17条1項、4項、6項)

5、路側帯通行時の歩行者の通行妨害(道交法第17条の2第2項)

6、遮断機(踏切)への立ち入り(道交法第33条2項)

7、交差点での優先道路通行車妨害など(道交法第36条)

8、交差点右折時の車通行妨害など(道交法第37条)優先妨害

9、環状交差点での安全進行義務違反など(道交法第37条の2)

10、一時停止違反(道交法第43条)

11、歩道通行時の通行方法違反(道交法第63条の4第2項)

12、制動装置(ブレーキ)不良自転車運転(道交法第63条の9第1項)

13、酒酔い運転(道交法第65条1項)

14、安全運転義務違反

となります。

当然自転車の傘さし運転も、片手のなるのでダメですね。スマホのイヤホンでの運転 もダメになりました。注意ですね。

私は車に良く乗りますが、歩道が狭い道が多いので、車道にどれだけ自転車があふれるのか今日からちょっと怖くなります。

道路交通法改正の施行当日、なんと地元の自治会長がなんと自転車の傘さし運転をしていた所を目撃してしまいました。

会長もちょっと油断してたんでしょうかね?

繰り返しになりますが、平成27年6月1日から道路交通法改正が施行され、自転車の傘さし運転がダメになりましたので、くれぐれも気を付けて下さい。

傘さしホルダー(商品名「さすべえ」など)でもダメです。


違反すると講習はお金がかかりますし、時間もつくるのが大変です。

ちょっと厳しい道路交通法改正ですけど、自転車でも安全運転でいきましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

自転車の改正道路交通法は2015年6月1日から実施

平成27年6月1日から自転車の道路交通法が改正され適応されます。

c0130634_23434322.jpg

掲載元 unten19.exblog.jp/17162217

内容は3年以内に2回の自転車運転の違反があた場合、講習が義務づけられたことです。
そしてその自転車の講習を受講しなかった場合、罰金があります。

ここが道路交通法改正の6月1日からの実施のポイントになります。

普段、自転車には私は乗りませんが、気を付けないとですね。

自転車の事故は老人が多いようで、それに向けた事故防止の意味なんでしょう。

これで罰則ができたので、6月1日からは覚悟して自転車に乗らなければならない
ことになりました。


Hanami_cycling.jpg
掲載元 upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e1/Hanami_cycling.jpg

私は自動車が交通手段ですねで、6月1日からの自転車の様子が変わってくるだろうと
予測しています。

これで逆に自転車が車にひかれるケースが増える可能性もあるかなと危惧しています。

自転車が道路が危険で走行が馴染まない場所などは、歩道を走行しても良いそうですが、こういった細かいところまで、自転車を使う方が認知されていれば良いのですが
結果はどうなるでしょうか?

それから、自転車の改正道路交通法の違反となる項目を知らなければ困ると思いますねで、

簡単ではありますが、以下にご紹介したいと思います。

信号無視、交差点優先車妨害等、通行禁止違反、環状交差点の安全進行義務違反 歩行者用道路徐行違反、指定場所一時不停止等、通行区分違反、歩道通行時の通行方法違反、 路側帯通行時の歩行者通行妨害、ブレーキ不良自転車運転、遮断踏切立入り   酒酔い運転、交差点安全進行義務違反等、安全運転義務違反

以上、自転車の改正道路交通法の6月1日実施のポイントでした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。